1952年宣教開始  賀茂川教会はプロテスタント・ルター派のキリスト教会です。 

 ルターの紋章日本福音ルーテル賀茂川教会  
 
    ようこそ。
日本福音ルーテル賀茂川教会の
公式ホームページへ。
日本福音ルーテル賀茂川教会では、
毎週日曜日午前10時半から
また第1月曜日の午後7時から
礼拝を行なっています。
どなたさまでもお気軽におこしください。

最終更新日 2018.12.10
*16日の礼拝の聖書個所と讃美歌が変更になりました。
クリスマスのご案内はこちらへ。

 今週の聖句 2018.12.9 new
神﨑 伸 牧師
慰めよ、わたしの民を慰めよと/あなたたちの神は言われる。………谷はすべて身を起こし、山と丘は身を低くせよ。
(イザヤ書 第40章1-4節)
神が、主イエス・キリストを通して、今、このときも〈この上なく、そのきわみまで〉愛し抜かれている神の作品である皆さん!

度重なる自然災害から立ち上がろうとしているあなたに、暴力に対しては力で仕返しをしないとこころに決め、そして事実その通りに、不当に踏みつけられながらも〈柔和に〉懸命に生きているあなたに、一部の人びとの傲慢によって荒れ野にされてしまった大地に、主の叫びが注がれます。

慰めよ。わたしの民を慰めよ…!

神がこの上なく愛し抜いておられる皆さん! アドヴェントに告げられるべき言葉は、この季節、4週に亘って主の日の礼拝で説教され、呼びかけられ、希望のうちに語られる言葉は、これ以外にありません。

そうだ! あなたの主であるわたしこそが、あなたを慰め、生かす…!

バビロン捕囚に打ちのめされ、不安にされ、将来を失ったかのようにされたイスラエル(=聖書に生きる)人びとから始まり、生きるうえでのさまざまな悩み、問い、囚(とら)われのなかに置かれるという出来事、今このとき、世界に生きているすべての一人ひとりが、神から異なったすばらしい賜物をいただいているにもかかわらず、それを互いに認め・尊敬し、受け入れることが難しいという現実に至るまで――すべてのことが、この言葉の中に集約されています。

天地が創られたそのときから、わたしたちに向かって語られてきた神の言葉、今も生きておられ、〈きのうも今日も、永遠に変わることのない方〉からの言葉が、今来られ、助け、近づき、あなたを担い通してくださる神からの言葉が、語られているのです。

わたしが必ずあなたを慰める…! だから、どうか身を起こしてほしい! おぼつかなくてもいい。ゆっくりでいい。どうか身を起こして立ち上がり、こころを高くあげてほしい。そこに、わたしの声が聞こえるはずだ。わたしの顔が、あなたを包むまなざしが見えるはずだ――。

その確かなしるしこそ、あの家畜小屋に生まれた主、イエス・キリストだ。ただひとつ罪を除いては、あなたとまったく同じ、だれかの世話がなければ片時も生きることのできない小さな弱い赤ん坊として生まれた、わたしの愛する子だ…。わたしはわたしの愛する子、イエスをこの世界と、あなたと結びつけるために、あえて大冒険をさせて、今、あなたのもとへと遣わそう――。

アーメン。主 イエスよ、来てください。

(バックナンバーはこちらへ。)

  夕礼拝のメッセージ
神﨑 伸 牧師  2018.12.3
new
キリストの苦しみに与れば与るほど、喜びなさい。
(ペトロの手紙一 第4章13節)
メッセージはこちらへ。

12月16日
礼拝

待降節
第3主日
聖餐礼拝
午前10時半からです。
 司式説教: 神﨑 伸  牧師
 聖 書: ルカ 1:26-38
 説 教: 「恵まれた方」
 讃美歌: 21-242, 20, 21-175, 17
終了後、教会学校。(第4日曜日はお休み)
2019年
1月6日
夕聖餐礼拝

午後7時からです。
 司式説教: 神﨑 伸 牧師
 聖 書: Ⅰペトロ  5:1-5
 説教題: 「キリストの受難の
証人として」
*毎月第1日曜日の夕礼拝は、静かな雰囲気の中、礼拝を捧げることができます。1時間ほどです。式文は用いません。教会備え付けの聖書と賛美歌だけお持ちください。どうぞ、どなたでもおいでください。
 牧師相談 牧師との相談をご希望の方は、事前にお電話ください。
 お知らせ ★今年のクリスマスの予定を掲載しました。はじめての方もどうぞおいでください。くわしくはこちらへ。
★12月2日からクリスマスを待ち望む待降節が始まりました。礼拝の初めには「主を待ち望むアドヴェント」の讃美歌を歌い、アドヴェントのろうそくに灯をともしてゆきます。慣例により「グロリア」は歌いません。
★第4主日の礼拝後は「お茶をいただきながらゆっくりする日」です。昼食はありません。
★賀茂川教会献堂は1954(昭和29)年12月4日。1952(昭和27)年のB・ハドル宣教師が自宅の畳の間で伝道集会を開始した時から数えれば今年で65年を迎えました。主イエスと共に前へ、新たに65年目の歩みを始めましょう。
教会
だより

バック
ナンバーは
こちら
12月9日new
厳しい寒さとなった主日、わたしたちに近づき、助け、担い通してくださる主を仰ぎつつ、待降節第2主日の礼拝の恵みをいただきました。今日は香港から女性牧師が来られ、共に礼拝に参加され、交わりの時をいただきました。クリスマスのご案内のちらしもできあがり、ひとりでも多くの方がおいでくださるよう、みなで祈っています。
12月2日
青空に紅葉がはえる主日、小さく弱いわたしたちを招いてくださる主を仰ぎつつ、待降節第1主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。これから毎週、1本ずつろうそくの明かりを灯し、主イエスのご降誕を待ち望みます。
11月25日
冷え込んだ主日、どのような闇の中をも照らしてくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後最終主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。礼拝の後、教会学校の子どもたちがクリスマスの飾りつけをしてくれました。共に祈りながら心をととのえ、みんなでクリスマスを迎えたいと思います。
11月18日

よく晴れた主日、小さい者を愛してくださる主を仰ぎつつ、子ども祝福礼拝の恵みをいただきました。子どもたちが神さまの愛につつまれて成長しますように。礼拝後は大掃除、午後からは賀茂川教会のこれからを考える会が行われ、教会の将来に向けて共に祈り、意見交換をしました。
11月11日
賀茂川の木々が色づいてきた主日、神と人を愛する者になるように招いてくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第25主日の礼拝の恵みをいただきました。午後には文化財マネージャーの方が来られ、お話を聞きました。
11月4日
曇り空の主日、わたしたちに「幸いだ」と語りかけてくださる主を仰ぎつつ、全聖徒主日の召天者記念礼拝の恵みをいただきました。先に召された愛する者たちを覚え、聖壇の前には写真を飾り、祈りをささげました。
  


 




 2018年
賀茂川教会主題聖句
 わたしの福音があなたがたに伝えられたのは、ただ言葉だけによらず、力と、聖霊と、強い確信によったからです。
(Ⅰテサロニケ1:5-8)
    
 初めての方へ
賀茂川教会Q&A!


キリスト教会〈超〉入門
使徒信条に聴こう

第2回 2018年9月9日(日)
午後1時半~2時半


 
キリスト教放送FEBC
賀茂川教会を紹介中。



日本福音ルーテル教会の
ルター宗教改革500周年
関連ニュースサイト



ルーテル世界連盟と
カトリック教会との共同声明


information


日本福音ルーテル賀茂川教会


〒603‐8132
京都市北区小山下内河原町14

TEL.075‐491‐1402


→アクセス


2015年9月19日土曜日
日本福音ルーテル教会
【見解】国家安全保障関連法案の成立と憲法改定について



2012年10月14日
ホームページのデザインを
変更しました。


2011年4月
以下のアドレスに
引っ越しました。
http://www.jelc-kamogawa.com/


2006年4月16日
ホームページを開設しました。