本文へスキップ

1952年宣教開始  賀茂川教会はプロテスタント・ルター派のキリスト教会です。

日本福音ルーテル賀茂川教会タイトルロゴ 聖壇クロス

牧師メッセージpastor'S message


  

          
「イエスの誕生、そして復活の希望へ」
 
                      
大宮 陸孝 牧師    

 
 「イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。『ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので拝みにきたのです。』これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった」。(マタイによる福音書2章1節~3節)

 12月になりました。教会の暦では、11月の終わりの週か12月の初めの週にクリスマスを迎える備えをする待降節(アドベント)に入り、礼拝ではアドベント・クランツに紫の蝋燭を灯し、毎週一本づつ増やして4本目が灯ると同時に真ん中の赤い蝋燭(クリスマス・ローソク)に火が灯り、クリスマスを迎えることになります。今年ももうすぐクリスマスがやって来ます。のぞみ保育園の年長の子供たちが降誕劇(ページェント)の練習に励んでいます。

 私たちも、聖書の伝える本当のクリスマスの出来事の意味を考えて見ましょう。マタイ福音書には、神の子イエスが誕生した時、ふしぎな人物が東の方から来て、誕生したイエスを拝んだと伝えられています。ページェントで子供たちが演じる三人の博士さんたちの登場です。

 その当時エルサレム、またユダヤ人が住んでいたパレスティナ地方はローマ帝国の支配下にあって、ローマは領主を立てて治めさせていました。ヘロデ大王といわれる人物ですが、もともとユダヤ人ではなく、エドム地方出身のアラブ人で、相当の知恵、政治力の持ち主で、領主として権力の座についておりました。そこへ東方の「博士たち」が、星に導かれてやってきたのです。

 東方とはどこかといいますと、バビロン、今のイラクのことです。ここは占星術(今の天文学)の盛んな所でした。不安な生活
、不安定な社会、その中で人々は何が未来の希望であるのか、模索します。当時も今と同じように、星占いの博士たちが、希望と不安が光と闇のように交錯している当時の情勢の中に登場して来るのです。人々は不安の中で、世界のより良き未来を臨み待っていたのです。

 ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおられますか。私たちは東方でその星を見たので拝みに来たのです。アラブの砂漠をらくだに乗っての旅は、何年もかかった長い旅であったことでしょう。イエス様がお生まれになる数年前の天文の状況を調べてみた人がいます。それによると、これは多分木星と土星が重なり、明け方大きく輝いたであろう、紀元前七年のできごとであることまではわかっています。

 このクリスマスの音信は、ヘロデ大王としては、自分の身を脅かすものとしてしか受け止めることが出来ず、不安に襲われます。この後、博士たちはエルサレムから少し離れたベツレヘムで生まれたばかりのキリスト・イエスを発見して喜ぶのですが、ヘロデ大王やエルサレムの人々はなぜ不安に襲われたのか、それは、一見強大に見え、人々を恐怖に陥れ、権力をもって人々を支配しますが、しかし、権力は永続しません。実にはかないものです。昔の光今いずこなのです。ヘロデはそのことを怖れたのです。事実、ヘロデはこの後2年後に死んでいます。

 そしてエルサレムの人々とは、ヘロデの権力になびいていた支配階層の人々のことであろうと推測されます。彼らは遠いバビロンから救い主の誕生を見たいとやってきた博士たちに、戸惑いながら、内心は旅人たちをあざ笑っていたとも受け取れます。彼らはイエスを拝みに行くことはありませんでした。メシアの生まれるその場所はベツレヘムと聞いた博士たちは、そこでお生まれになったイエスにとうとう会うことができました。そこには強大な権力を誇示するものはなにもありません。馬小屋のえさ箱に寝かされた生まれたばかりの嬰児でした。そして、そのそばには若い大工のヨセフ、その妻マリアがいるだけでした。しかし、そこに大きな喜びがあったと聖書は伝えています。

 神様が暗い闇夜を彷徨う旅人を明るく輝く星の光を手がかりに導いて、キリストのもとへ連れて来られ、そこに「大きな喜び」があった、と聖書は語ります。この喜びは、キリストのいますところでいつも起こる喜びです。本当の未来への希望がここにあるからです。そして、なによりもこの喜びは復活にいたるまで続く喜びなのです。私たちが新しくされるという、新しい命の誕生が私たちに於いても出来事となる喜びへと続いているのです。

 
                      2022年12月1日


*バックナンバーはこちらへ。

このページの先頭へ





大宮牧師写真



information


日本福音ルーテル賀茂川教会


〒603‐8132
京都市北区小山下内河原町14

TEL.075‐491‐1402


→アクセス