1952年宣教開始  賀茂川教会はプロテスタント・ルター派のキリスト教会です。 

日本福音ルーテル教会タイトルロゴ
 
賀茂川教会 外観    ようこそ。
日本福音ルーテル賀茂川教会の
公式ホームページへ。
日本福音ルーテル賀茂川教会では、
毎週日曜日午前10時半から
礼拝を行なっています。
どなたさまでもお気軽におこしください。
最終更新日 2022.9.25
10月2日

聖霊降臨後
第16主日
礼拝


午前10時半からです。
 司式説教: 大宮 陸孝 牧師
 聖 書: ハバクク 1:1-4, 2:1-4
Ⅱテモテ 1:1-14
ルカ 17:1-10
 説 教: 「ただ主の憐みにより 」
 讃美歌: 190, 328, 365
*新型コロナウィルス感染予防のため、礼拝堂内ではマスクの着用をお願いいたします。礼拝中も換気のため窓を開けております。距離を保つため、着席禁止の表示のないところにお座りください。
今週の
説教より
 
 「今こそ聖書に耳を傾けよう 」

・・・神さまはわたしたち人間が一人で満ち足りていることをお喜びにはなりません。神さまは人間を共に生きる者としてお造りになりました。それゆえ神さまは人が自分だけで満ち足りることでなく他者と共に満ち足りることを望んで、すべての賜物をわたしたちに与えてくださっているのです。わたしたちは、神に喜ばれる生き方をしたいと思うなら、他人を愛さなければなりません。しかもその愛は自己愛の延長にすぎないものであってはなりません。他人を思いやり、たとい自分にとって無益で無価値なものであっても注ぐところでこそ、本当に意味を持つのです。なぜなら神の愛とはそういう愛だからです。主イエスは言われます。わたしがあなた方を愛したようにあなた方も互いに愛し合いなさいと。神の愛は人間の愛と違って、ご自身にとって価値あるからとか、有益であるからとか、必要であるから愛されるという愛ではありません。神の愛は、ご自分が祝福に満ち、愛に満ちておられるゆえに溢れ出る愛です。ですからその愛は、誰よりもまず、自分にとって無に等しい者、弱い者に向って溢れ出る愛なのです。そしてわたしたちが神のそのような愛を受け、そのような愛に生かされ、促されて、教会の愛の群れに連なるときに、神はそれを喜んでくださるのです。

(説教全文はこちらをごらんください)
 お知らせ ★今週の説教を掲載いたしました。こちらからごらんください。new
★大宮陸孝牧師の9月のメッセージ「神と向き合い応答し合って生きる素晴らしさ」Ⅰを掲載いたしました。こちらをごらんください。

★安倍晋三元首相の「国葬」に関して、日本キリスト教協議会と日本福音ルーテル教会から文書が発表されています。右側のらんからごらんください。
礼拝は3月13日(日)から再開いたしました。ただし、礼拝時間を短縮し、コロナ感染防止の万全な対策をして行います。皆さんもお出かけの際には検温をして、体調が良くないときには自粛をお願いいたします。
★毎月第1主日の礼拝で聖餐式を行います。包装したパンとブドウ液を用います。持ち帰り用の入れ物をご用意くださり、配られたパンとブドウ液は持ち帰ってご自宅でいただいてください。
★賀茂川教会献堂は1954(昭和29)年12月4日。1952(昭和27)年のB・ハドル宣教師が自宅の畳の間で伝道集会を開始した時から数えれば今年で68年を迎えました。主イエスと共に前へ、新たに69年目の歩みを始めましょう。
教会
だより

バック
ナンバーは
こちら
★9月25日new
澄んだ青空の主日、互いに助け合い生かし合うよう生かし合うよう語り掛けてくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第16主日の礼拝の恵みをいただきました。窓から虫の声が聞こえ、涼しい風が入ってきて、扇風機も冷房も使わない礼拝となりました。
★9月18日
台風が近づき、強風が吹いた主日、何ももたないわたしたちを神さまのものとしてくださった主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第15主日の礼拝の恵みをいただきました。猛暑が続いたため、少人数での礼拝となりました。台風からお守りくださるよう、共にお祈りしました。
★9月11日
よく晴れて厳しい残暑となった主日、わたしたちを探し出し、喜んで迎えてくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第14主日の礼拝の恵みをいただきました。神さまに見つけ出していただいた者として、新しい週を歩みたいと思います。礼拝後、牧師館の庭でできたゴーヤをみんなでいただきました。
★9月4日
入道雲がわき、厳しい残暑となった主日、わたしたちの救いのために、無きに等しい者となって十字架に向かわれた主を仰ぎつつ、久しぶりの方々も共に聖霊降臨後第13主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。みことばの恵み、聖餐の恵みを感謝いたします。礼拝後のお掃除にもたくさんの方が参加してくださいました。
★8月28日
涼しい風が吹きわたった主日、身をかがめてわたしたちのもとに来てくださり、居場所をそなえてくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第12主日の礼拝の恵みをいただきました。季節の変わり目、神さまが体調をお守りくださいますように。
★8月21日
晴れたり晴れたり大雨が降ったりした主日、わたしたちをむしばむものから解き放ち、喜び仕える者としてくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第11主日の礼拝の恵みをいただきました。礼拝後、安倍元首相の「国葬」に関して、日本福音ルーテル教会と日本キリスト教協議会から発表された文書が配布されました。大切な問題として考えてゆきたいと思います。
★8月14日
不安定な空模様となった主日、わたしたちに真の一致を与えてくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第10主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。初めての方や久しぶりの友もともに礼拝の交わりをいただき、感謝です。
★8月7日
雲の間から強い日差しが照り付けた主日、ひとりひとりの内にはたらいて愛のみわざを完成させてくださる主を主を仰ぎつつ、聖霊降臨後題9主日の信徒礼拝の恵みをいただきました。神さまがわたしたちの間に注いでくださった恵みを振り返り、共に感謝いたしました。
★7月31日
朝からどんどん気温が上がった主日、無条件の愛の内にわたしたちを生かしていてくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第8主日の礼拝の恵みをいただきました。新型コロナ感染が広がっています。感染された方々の一日も早い回復と、治療や看護にあたっておられる方々が守られますようにお祈りいたします。

この紋章には「バラの上に置かれたキリスト教徒の心臓は、十字架の真下にあるとき脈打つ」という題字が記されています。黒い十字架がついた赤いハートは死んでよみがえったキリストへの信仰、そのまわりの白いバラはこの世を超えた喜び、慰め、平和を、空色の地は天の喜びの始まりを表し、それらを囲む金色の輪は、永遠にして高貴な救いを与えられていることを象徴しています。


 


 



 2022年
賀茂川教会主題聖句
 「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。また、隣人を自分のように愛しなさい。(ルカによる福音書10章27節)

 初めての方へ
賀茂川教会Q&A!

「安倍晋三氏『国葬』の閣議決定にあたって」日本福音ルーテル教会社会委員会 2022.8.5  new
「安倍晋三元首相の「国葬」は人間の自由と平等を葬ります」日本キリスト教協議会 2022.7.25  new
【ウクライナに平和の回復を】「ロシアのウクライナ軍事侵攻に対するわたしたちの立場と人道支援の呼びかけ」日本福音ルーテル教会2022.3.2
【見解】「障がいをもつ人に対する『ルターの差別発言』に関する日本福音ルーテル教会西教区の見解」2019.7.14
【見解】「検察庁法改正案に抗議します」日本福音ルーテル教会社会委員会 2020.5.14
【日本・在日教会共同声明】
「私たちは日本の歴史責任を直視し、 韓国のキリスト者・市民社会と建設的対話を続ける」2019.8.15
【見解】国家安全保障関連法案の成立と憲法改定について 日本福音ルーテル教会 2015.9.19



賀茂川教会の建物は2020年11月「京都を彩る建物や庭園」の認定を受けました。

 
キリスト教放送局FEBC
365日24時間、福音のメッセージ放送中。



ルーテル世界連盟と
カトリック教会との
共同声明

information


日本福音ルーテル賀茂川教会


〒603‐8132
京都市北区小山下内河原町14

TEL.075‐491‐1402


→アクセス


2021年9月18日
タイトルロゴデザインを変更しました。


2012年10月14日
サイトデザインを変更しました。


2011年4月
以下のアドレスに引っ越しました。
http://www.jelc-kamogawa.com/


2006年4月16日
ホームページを開設しました。