1952年宣教開始  賀茂川教会はプロテスタント・ルター派のキリスト教会です。 

日本福音ルーテル教会タイトルロゴ
 
賀茂川教会 外観    ようこそ。
日本福音ルーテル賀茂川教会の
公式ホームページへ。
日本福音ルーテル賀茂川教会では、
毎週日曜日午前10時半から
礼拝を行なっています。
どなたさまでもお気軽におこしください。
最終更新日 2023.1.22
1月29日

顕現後
第4主日
礼拝


午前10時半からです。 
 司式説教: 大宮 陸孝 牧師
 聖 書: ミカ 6:1-8
Ⅰコリント 1:18-31
マタイ 5:1-12
 説 教: 「イエスは真の平和の君」
 讃美歌: 178, 240, 328
*賀茂川教会では、聖書は「新共同訳」、讃美歌は「教会讃美歌第3版」を使用しております。いずれも教会に備え付けのものを用意しております。
*新型コロナウィルス感染予防のため、礼拝堂内ではマスクの着用をお願いいたします。礼拝中も換気のため窓を開けております。距離を保つため、着席禁止の表示のないところにお座りください。
今週の
説教より
 
 「神の恵みの救いの働きに身を委ねよ 」

・・・「そのときから、イエスは、『悔い改めよ。天の国は近づいた』と言って、宣べ伝え始められた。」天の国とは神の支配を意味する言葉ですから、これは端的に言えば神さまが始められた救い、愛と恵みの御業に身を委ねなさい、と言うことです。神の新しい創造の業が、主イエスご自身の御言葉と働きに於いて始まったのだと、主イエスは自ら権威をもって語られ、方向転換を迫っておられるのです。具体的には主イエスがわたしたちのところに来られたことに対して、わたしたちがその主に対して向きを変えて、主イエスをわたしたちの中にお迎えするということです。

(説教全文はこちらをごらんください)
 お知らせ ★今週の説教を掲載いたしました。こちらからごらんください。new
★大宮陸孝牧師の1月のメッセージ「神の愛を心に宿して」を掲載いたしました。こちらをごらんください。
★2023年度総会を2月5日(日)礼拝後の礼拝後に開催いたします。会員の皆様は出欠確認書を1月30日(日)までにご提出ください。new
礼拝は時間を短縮し、コロナ感染防止の万全な対策をして行います。皆さんもお出かけの際には検温をして、体調が良くないときには自粛をお願いいたします。
★毎月第1主日の礼拝で聖餐式を行います。包装したパンとブドウ液を用います。持ち帰り用の入れ物をご用意くださり、配られたパンとブドウ液は持ち帰ってご自宅でいただいてください。
★賀茂川教会献堂は1954(昭和29)年12月4日。1952(昭和27)年のB・ハドル宣教師が自宅の畳の間で伝道集会を開始した時から数えれば今年で68年を迎えました。主イエスと共に前へ、新たに69年目の歩みを始めましょう。
教会
だより

バック
ナンバーは
こちら
★1月22日new
冷えこんだ主日、希望を失った暗闇の中に来てくださる主を仰ぎつつ、顕現後第3主日の礼拝の恵みをいただきました。シロアリのためにいたんでいた床の修復工事が守られて無事に終わり、床がしっかりしました。礼拝後は、総会資料の発送作業をしました。
★1月15日
曇り空の主日、繰り返しわたしたちに呼びかけ、神さまの方へ方向転換させてくださる主を仰ぎつつ、顕現後第2主日の礼拝の恵みをいただきました。新型コロナに感染する方が増えています。感染された方々、治療に当たられる方々を神さまがお守りくださいますようにお祈りいたします。礼拝の後、子どもたちと大人たちで、来週から再開する教会学校の準備をしました。教会学校は11時半からです。どなたでもおいでください。
★1月8日
少し寒さがゆるんだ主日、死と滅びのどん底に降りて来てくださり、新しい命をもたらしてくださる主を仰ぎつつ、顕現後第1主日の礼拝の恵みをいただきました。クリスマスカラーの花々に囲まれて、初めての方も共に讃美できましたことを感謝いたします。
★1月1日
穏やかな朝日が差し込んだ主日、力強い御腕にってどのようなときもわたしたちを導いてくださる宇主を仰ぎつつ、降誕節第1主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。久しぶりの友や初めての方と共にみことばをいただいて、一年の歩みを始めさせていただく恵みを感謝いたします。
★12月25日
穏やかに晴れた降誕日主日、まことの光としてわたしたちのところに来てくださった主を仰ぎつつ、大勢の友と共に、クリスマス主日聖餐礼拝の恵みをいただきました。礼拝の後、教会学校の子どもたちからみんなにプレゼントが配られ、楽しいひとときとなりました。
★12月18日
厳しい冷え込みとなった主日、行き詰まったわたしたちの現実の中で一方的に喜びを与えてくださる主を仰ぎつつ、待降節第3主日の礼拝の恵みをいただきました。久しぶりの方々も共に、あたたかい礼拝となりました。昨日行われたのぞみ保育園のクリスマスページェント(聖誕劇)の報告を感謝のうちに聞かせていただきました。
★12月11日
穏やかな冬の主日、クリスマスの飾り付けがされた会堂で、愛の喜びに満ちた神の国へ招いてくださる主を仰ぎつつ、待降節第3主日の礼拝の恵みをいただきました。初めての方、久しぶりの方も共にクリスマスを待つ喜びをいただいたことを感謝いたします。
★12月4日
この時期らしい寒さとなった主日、神さまの方に心を向けるようはたらきかけてくださる主を仰ぎつつ、待降節第2主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。久しぶりの方がおいでくださり、うれしい主日となりました。
★11月27日
明るく晴れた主日、日ごとに神さまに目を向けて歩むよう励ましてくださる主を仰ぎつつ、1本目のろうそくに火を灯し、待降節第1主日の礼拝の恵みをいただきました。礼拝の後はクリスマス市が開催、クリスマスカードやカレンダー、手作りケーキ、ポン酢などが並べられにぎわっていました。
★11月20日
美しい紅葉の主日、十字架によって命の祝福を勝ち取ってくださった主を仰ぎつつ、聖霊降臨後最終主日の礼拝の恵みをいただきました。礼拝後は子ども祝福式が行われ、子どもたちのすこやかな成長を共に祈りました。そうじの後、みんなでクリスマスの飾りつけをしました。
★11月13日
雨の主日、苦しみやおそれの中に中にあるわたしたちを見捨てず、救いの完成へと導いてくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第23主日の礼拝の恵みをいただきました。教会学校で学んでいる子どもたちから、おとなたちも元気をもらっています。
★11月6日
賀茂川の木々が色づき始めた主日、写真を飾り賀茂川教会につらなる召された方々を忍びつつ、召天者記念聖餐礼拝の恵みをいただきました。ゆかりのある方々と共に、神の国へと招いてくださる主の恵みをいただいたことを感謝いたします。

この紋章には「バラの上に置かれたキリスト教徒の心臓は、十字架の真下にあるとき脈打つ」という題字が記されています。黒い十字架がついた赤いハートは死んでよみがえったキリストへの信仰、そのまわりの白いバラはこの世を超えた喜び、慰め、平和を、空色の地は天の喜びの始まりを表し、それらを囲む金色の輪は、永遠にして高貴な救いを与えられていることを象徴しています。


 


 



 2022年
賀茂川教会主題聖句
 「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。また、隣人を自分のように愛しなさい。(ルカによる福音書10章27節)

 初めての方へ
賀茂川教会Q&A!

「安倍晋三氏『国葬』の閣議決定にあたって」日本福音ルーテル教会社会委員会 2022.8.5
「安倍晋三元首相の「国葬」は人間の自由と平等を葬ります」日本キリスト教協議会 2022.7.25
【ウクライナに平和の回復を】「ロシアのウクライナ軍事侵攻に対するわたしたちの立場と人道支援の呼びかけ」日本福音ルーテル教会2022.3.2
【見解】「障がいをもつ人に対する『ルターの差別発言』に関する日本福音ルーテル教会西教区の見解」2019.7.14
【見解】「検察庁法改正案に抗議します」日本福音ルーテル教会社会委員会 2020.5.14
【日本・在日教会共同声明】
「私たちは日本の歴史責任を直視し、 韓国のキリスト者・市民社会と建設的対話を続ける」2019.8.15
【見解】国家安全保障関連法案の成立と憲法改定について 日本福音ルーテル教会 2015.9.19



賀茂川教会の建物は2020年11月「京都を彩る建物や庭園」の認定を受けました。

 
キリスト教放送局FEBC
365日24時間、福音のメッセージ放送中。



ルーテル世界連盟と
カトリック教会との
共同声明

information


日本福音ルーテル賀茂川教会


〒603‐8132
京都市北区小山下内河原町14

TEL.075‐491‐1402


→アクセス


2021年9月18日
タイトルロゴデザインを変更しました。


2012年10月14日
サイトデザインを変更しました。


2011年4月
以下のアドレスに引っ越しました。
http://www.jelc-kamogawa.com/


2006年4月16日
ホームページを開設しました。