1952年宣教開始  賀茂川教会はプロテスタント・ルター派のキリスト教会です。 

 ルターの紋章日本福音ルーテル賀茂川教会  
 
    ようこそ。
日本福音ルーテル賀茂川教会の
公式ホームページへ。
日本福音ルーテル賀茂川教会では、
毎週日曜日午前10時半から
また第1月曜日の午後7時から
礼拝を行なっています。
どなたさまでもお気軽におこしください。

最終更新日 2018.7.16
*「今週の聖句」を更新いたしました。

 今週の聖句 2018.7.15 new
神ア 伸 牧師
神の国は次のようなものである。人が土に種を蒔いて、夜昼、寝起きしているうちに、種は芽を出して成長するが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。
(マルコによる福音書第4章26、27節)
夜昼、寝起きしているうちに――。これは当時の、そして今でも、ユダヤの人びとの一日は日没・夜から始まるのです。日が沈むと新しい日が始まる――。不思議な気がします。私どもの感覚では、一日は朝に始まり、そして夜、終わると思っている。けれどもユダヤの人びとは夜、眠るときに、

"さあ、これから一日が始まる…寝るぞ!"と言って眠るという。

私どもはなかなかそうはいきません。今日も一日何もできなかったと思いながら、寝つけないことが時にあるでしょう。あるいは、あれこれと気になること、やり残したことがあるような気がして、落ち着かない。また、眠っている時間というのは非生産的で、無意味な時だと感じてしまうことがあるかもしれない。

けれども、主イエスがきょう、おっしゃっているのは違う。夜昼、寝起き――。まず眠るのです。そして、眠っている間に、種が芽を出す。眠っている間に、根は茎となり、穂となり、そして豊かな実ができる――。安心して眠ったらいいのです。私どもが眠っている間に、必ず!種は芽を出すのです。私どもは、100パーセント自分で働き続ける必要はありません。ことをなしてくださるのは、神だからです! その神に身をゆだねて、ゆっくり眠ったらいい。

預言者イザヤは、その神のみこころを、こう伝えました。(第55章10、11節)

雨も雪も、ひとたび天から降れば/むなしく天に戻ることはない。それは大地を潤し、芽を出させ、生い茂らせ/種蒔く人には種を与え/食べる人には糧を与える。
そのように、わたしの口から出るわたしの言葉も/むなしくは、わたしのもとに戻らない。それはわたしの望むことを成し遂げ/わたしが与えた使命を必ず果たす。

雨も雪も、天から降るときに必ずその役割を果たすのです。神の言葉もそう。神の言葉は虚しくご自身のもとへと戻ることはない。必ず私どもの中で、あなたの内で出来事を起こし、何かを始めてくださいます。何ごとかをし続けていてくださる。

主よ、どうか私どもの内に、あなたに信頼するこころを育み続けてください。しばしばかたくなになり、やわらかさを失ってしまう私どものこころの中から、主よ、あなたに信頼するこころを、呼び覚ましてください。主イエス・キリストによって、お願いいたします。

(バックナンバーはこちらへ。)

  夕礼拝のメッセージ
神ア 伸 牧師  2018.7.1

同じように、夫たちよ、妻を自分よりも弱いものだとわきまえて生活を共にし、命の恵みを共に受け継ぐ者として尊敬しなさい。そうすれば、あなたがたの祈りが妨げられることはありません。
(ペトロの手紙一 第3章7節)
メッセージはこちらへ。

7月22日
礼拝

聖霊降臨後
第9主日
礼拝
午前10時半からです。
 司式説教: 神ア 伸 牧師
 聖 書: ヨブ 38:1-11
Uコリント 7:1-16
マルコ 4:35-41
 説 教: 「眠る主イエスを乗せて」
 讃美歌: 172, 273, 357, 409
終了後、教会学校。(第4日曜日はお休み)
8月5日
夕礼拝

午後7時からです。
 司式説教: 神ア 伸 牧師
 聖 書: Tペトロ  3:8-17
 説教題: 「幸いへの招き」
*毎月第1日曜日の夕礼拝は、静かな雰囲気の中、礼拝を捧げることができます。1時間ほどです。式文は用いません。教会備え付けの聖書と賛美歌だけお持ちください。どうぞ、どなたでもおいでください。
 牧師相談 牧師との相談をご希望の方は、事前にお電話ください。
 お知らせ ★7月8日に予定されていた「使徒信条の学び」第2回は9月9日に延期させていただきます。
★8月12日と26日の昼食はお休みさせていただきます。

★第4主日の礼拝後は「お茶をいただきながらゆっくりする日」です。昼食はありません。
★賀茂川教会献堂は1954(昭和29)年12月4日。1952(昭和27)年のB・ハドル宣教師が自宅の畳の間で伝道集会を開始した時から数えれば今年で65年を迎えました。主イエスと共に前へ、新たに65年目の歩みを始めましょう。
教会
だより

バック
ナンバーは
こちら
★7月15日new
厳しい暑さの主日、豊かな恵みによってわたしたちを成長させてくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第8主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。記録的な猛暑の中、豪雨被害被災地で避難生活を続けておられる方々、支援にあたっておられる方々を、神さまが守り支えてくださいますように、お祈りいたします。
★7月8日
ようやく大雨が上がって青空がのぞいた主日、わたしたちをゆるす者へと変えてくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第7主日の礼拝の恵みをいただきました。豪雨により被害を受けられた方々に救援の手が届きますように、一日も早く穏やかな日常生活が戻りますようにお祈りいたします。
★7月1日
真夏日となった主日、わたしたちを真ん中に立たせてくださり、愛に生きる者へと変えてくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第6主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。暑さの中でも子どもたちが元気に神さまを賛美する声が聞こえています。礼拝後は、熱中症予防のために、まずお茶を1杯いただきました。
★6月24日
晴れて気温が上がった主日、裁き合うわたしたちを解放し、休息を与えてくださる主を仰ぎつつ、指令降臨後第5主日の礼拝の恵みをいただきました。礼拝後は、それぞれぞうきんや軍手を手に、みんなで教会の掃除をしました。
★6月17日
さわやかな初夏の空となった主日、新しい祝福をもってわたしたちを新しく生きさせてくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第4主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。礼拝の後、関西一日神学校での学びの分かち合いが行われました。
★6月10日
不安定な空模様の主日、わたしたちの日常生活のただなかに来てくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第3主日の礼拝の恵みをいただきました。小さな子どもたちも少し大きくなってきた子どもたちも共に、元気に教会学校に参加していました。
★6月3日
ぐんぐん気温が上がった主日、無力なわたしたちを新しく生きる者としてくださる主を仰ぎつつ、聖霊降臨後第2主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。祭壇の飾りは今日から緑色に変わりました。わたしたちの信仰を成長させてくださる聖霊の力に感謝して、歩んでゆきます。
 




 2018年
賀茂川教会主題聖句
 わたしの福音があなたがたに伝えられたのは、ただ言葉だけによらず、力と、聖霊と、強い確信によったからです。
(Tテサロニケ1:5-8)
    
 初めての方へ
賀茂川教会Q&A!


キリスト教会〈超〉入門
使徒信条に聴こう

第2回 2018年9月9日(日)
午後1時半〜2時半
 new


 
キリスト教放送FEBC
賀茂川教会を紹介中。



日本福音ルーテル教会の
ルター宗教改革500周年
関連ニュースサイト



ルーテル世界連盟と
カトリック教会との共同声明


information


日本福音ルーテル賀茂川教会


〒603‐8132
京都市北区小山下内河原町14

TEL.075‐491‐1402


→アクセス


2015年9月19日土曜日
日本福音ルーテル教会
【見解】国家安全保障関連法案の成立と憲法改定について



2012年10月14日
ホームページのデザインを
変更しました。


2011年4月
以下のアドレスに
引っ越しました。
http://www.jelc-kamogawa.com/


2006年4月16日
ホームページを開設しました。