1952年宣教開始  賀茂川教会はプロテスタント・ルター派のキリスト教会です。 

 ルターの紋章日本福音ルーテル賀茂川教会  
 
    ようこそ。
日本福音ルーテル賀茂川教会の
公式ホームページへ。
日本福音ルーテル賀茂川教会では、
毎週日曜日午前10時半から
また第1月曜日の午後7時から
礼拝を行なっています。
どなたさまでもお気軽におこしください。

最終更新日 2018.2.18

 今週の聖句 2018.2.18 new
神ア 伸 牧師
それから、"霊"はイエスを荒れ野に送り出した。
(マルコによる福音書第1章12節) 
きょうの聖句を前に、わたしは驚き、とても不思議に思った。主イエスの洗礼にあたり「わたしはあなたのことが嬉しい…!」(11節直訳)とおっしゃった神は、ご自分の懐にその独り子を抱かれたのではない。すぐに、強いて荒れ野へと送り込んだ。いいえ、元の文字の意味を強調して訳し出すと「放り捨てた」のです!

荒れ野には、ヨルダン川が流れています(5節)。岩や石とともに、緑はある。木だって生えていたでしょう。けれども、その土地を、人は捨てたのです。あまりに荒れ果て住み続けられないからと。そして、そのように人に捨てられた場所に、主イエスは捨てられた。神から投げ捨てられた…!

ガラテヤの信徒への手紙は、そのように一人取り残され、誰からも顧みられない者のことを、「荒れ野のような人」(第4章27節/原文であり、翻訳は違う)と言っています。ほんとうに切なく、悲しく、胸が締めつけられる言葉です。

私どもにもっとも耐え難いこと、それは"人に捨てられる"ことに違いないとわたしは思う。重い病に襲われます。さまざまなアクシデントで、幸福に見える世間から外れてしまう。そのとき私どもは思う。"ああ…社会から落ちた。人に捨てられた――"。これもまた、ひとつの荒れ野でしょう。そのとき、まことしやかにサタンが囁くのです。

神は、いくら祈っても荒れ野の中にあなたを放り出したままじゃないか。神なんか信じて生きることに意味などないんじゃないか…。

しかし、その荒れ野に、神はまず、主イエスを投げ捨てられたのです。どうか忘れないでほしい。そこに立ち、私のために、私ども一人ひとりのために〈祈って〉おられる主イエスのお姿を!(第1章35節)。

朝早くまだ暗いうちに、イエスは起きて、人里離れた所(荒れ野)へ出て行き、そこで祈っておられた。

祈っておられた――。私どものためにです。私どもが荒れ野を独りで生きなくてもよいためにです。疲れ果て"神など信じて生きることに意味はない"。そのようなサタンのセリフを吐かなくてすむように、です。

たとえ、人が私どもを捨てたとしても、神は私どもを、決して捨てることはなさいません。そのことを明らかにするために、神が、まず主イエス・キリストを捨ててくださったのです。私どもの傍らに…!

どうか主よ、あなたの祈りの中を、あなたと共に生きさせてください。どうか、私どもが、決してあなたを見失うことがないように、助けてください。

           (バックナンバーはこちらへ。)

  夕礼拝のメッセージ
神ア 伸 牧師  2018.2.4

あなたがたは、主が恵み深い方だということを味わいました。
(ペトロの手紙一 第2章3節)
メッセージはこちらへ。

2月25日
礼拝

四旬節
第2主日
礼拝
午前10時半からです。
 司式説教: 神ア 伸 牧師
 聖 書: 創世記 28:10-22
ローマ 4:13-17a
マルコ 10:32-45
 信徒の証し: 「何が望みか」
 讃美歌: 290, 386, 337, 教団239
終了後、教会学校。(第4日曜日はお休み)
3月4日
夕礼拝

午後7時からです。
 司式説教: 神ア 伸 牧師
 聖 書: Tペトロ  2:11-17
 説教題: 「自由な人として生きよ」
*毎月第1日曜日の夕礼拝は、静かな雰囲気の中、礼拝を捧げることができます。1時間ほどです。式文は用いません。教会備え付けの聖書と賛美歌だけお持ちください。どうぞ、どなたでもおいでください。
 牧師相談 牧師との相談をご希望の方は、事前にお電話ください。
 お知らせ ★今年の聖金曜日聖餐礼拝は3月30日(金)、復活祭は4月1日(日)です。new
★以前賀茂川教会で説教してくださっていた石居正己先生による「我、ここに立つールターの祈りに学ぶ」が、キリスト教放送局FEBCで放送中。インターネットで聞けます。
★第4主日の礼拝後は「お茶をいただきながらゆっくりする日」です。昼食はありません。
★賀茂川教会献堂は1954(昭和29)年12月4日。1952(昭和27)年のB・ハドル宣教師が自宅の畳の間で伝道集会を開始した時から数えれば今年で65年を迎えました。主イエスと共に前へ、新たに65年目の歩みを始めましょう。
教会
だより

バック
ナンバーは
こちら
★2月18日new
穏やかに晴れた主日、わたしたちをいつも励まし、わたしたちのために祈ってくださる主を仰ぎつつ、四旬節第1主日の礼拝の恵みをいただきました。研修中の神崎牧師に代わってクリスチャン=ヘアマンセン宣教師が司式、信徒の証に耳を傾けました。礼拝の後は、子どもたち、おとなたち、みんなでファスタラオンに参加。たるの中からお菓子が出てくると、子どもたちは大喜びでした。
★2月11日
冷たい風が吹いた主日、どんなときにもわたしたちと共にいてくださる主を仰ぎつつ、変容主日の礼拝の恵みをいただきました。インフルエンザ、その他、体調をくずしておられる方々のために皆で祈りをささげました。
★2月4日
明るい青空の主日、神に見捨てられる絶望を引き受け、わたしたちのかたわらで共に祈り続けてくださる主を仰ぎつつ、顕現節第5主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。礼拝の中で、新役員と教会学校奉仕者の就任式が行われました。神さまが奉仕する者たちを祝福し、導いてくださいますように。また、教会に集う者が、みな共に、神さまと人に仕えてゆくことができますように。
★1月28日
みぞれまじりの冷え込んだ主日、聖霊の力強いはたらきによってわたしたちをとらえてくださる主を仰ぎつつ、顕現節第4主日、賀茂川教会総会聖餐礼拝の恵みをいただきました。午後からは今年度の方針や予定などについて話し合いが行われ、役員が選出されました。新しい1年の歩みを神さまがお導きくださり、みことばに耳を傾けながら祈りつつ歩んでゆけますように。
★1月21日
薄い雲におおわれた主日、わたしたちを招き、わたしたちに先立って歩いてくださる主を仰ぎつつ、顕現節第3主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。遠方からのお客様とともに礼拝、食事の交わりをいただき、感謝です。
★1月14日
教会の赤い屋根が白い雪でおおわれた主日、「わたしの愛する子」と呼んでわたしたちを招いてくださる主を仰ぎつつ、主の洗礼主日の礼拝の恵みをいただきました。以前、賀茂川教会でともに礼拝にあずかっていた青年が、日本福音ルーテル教会の教師試験、任用試験に合格したとの知らせを聞きました。今日までの神さまのお守りを共に感謝し、これからも神さまが行く道を導いてくださいますようにお祈りいたします。
★1月7日
早春の日差しが差し込んだ主日、わたしたちの道を明るく照らし、上に救いの約束を実現してくださる主を仰ぎつつ、顕現主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。定期総会に向けて、役員を中心に準備が進められています。
★1月1日
主の年2018年の最初の日、わたしたちを「光である」と宣言してくださる主を仰ぎつつ、元旦の聖餐礼拝の恵みをいただきました。新しい年が平和な年となりますように。神さまに信頼し、祈りあいつつ歩んでゆけますように。
 




 2018年
賀茂川教会主題聖句
 わたしの福音があなたがたに伝えられたのは、ただ言葉だけによらず、力と、聖霊と、強い確信によったからです。
(Tテサロニケ1:5-8)
    
 初めての方へ
賀茂川教会Q&A!


 聴こう、聖書の言葉に!
ガラテヤの信徒への手紙
近日
開催予定
キリスト教…
ちょっと気になるあなたへ


読書カフェ
日程調整中


 
キリスト教放送FEBC
賀茂川教会を紹介中。
★以前、賀茂川教会でご奉仕くださっていた石居正己先生の「我、ここに立つールターの祈りに学ぶ放送中。



日本福音ルーテル教会の
ルター宗教改革500周年
関連ニュースサイト



ルーテル世界連盟と
カトリック教会との共同声明


information


日本福音ルーテル賀茂川教会


〒603‐8132
京都市北区小山下内河原町14

TEL.075‐491‐1402


→アクセス


2015年9月19日土曜日
日本福音ルーテル教会
【見解】国家安全保障関連法案の成立と憲法改定について



2012年10月14日
ホームページのデザインを
変更しました。


2011年4月
以下のアドレスに
引っ越しました。
http://www.jelc-kamogawa.com/


2006年4月16日
ホームページを開設しました。