1952年宣教開始  賀茂川教会はプロテスタント・ルター派のキリスト教会です。 

日本福音ルーテル教会タイトルロゴ
 
賀茂川教会 外観    ようこそ。
日本福音ルーテル賀茂川教会の
公式ホームページへ。
日本福音ルーテル賀茂川教会では、
毎週日曜日午前10時半から
礼拝を行なっています。
どなたさまでもお気軽におこしください。

最終更新日 2022.1.20
【お知らせ】新型コロナ感染拡大のため、1月23日より、
      礼拝を中止させていただきます。
      再開の時期はあらためてお知らせいたします。

1月23日

顕現後
第3主日


教会での礼拝は中止させていただきます。
 説教配信: 大宮 陸孝 牧師
 聖 書: ネヘミヤ 8:1-3, 5-6, 8-10
Ⅰコリント 12:12-31a
ルカ 4:14-21
 説教題: 「神の恵みの言葉を聞く」
 讃美歌: 182, 288, 320
*新型コロナウィルス感染予防のため、礼拝は中止させていただきます。再開の時期はあらためてお知らせいたします。
1/16の
説教より
 
 「喜びの杯が尽きる時」new

・・・新約聖書の主イエスの教えの中心は神の国であり、神がこの世を直接支配される時が目の前に近づいていると教えられ、この神の国を婚礼にたとえられ、神の国は神の愛の支配が完全に成就する状態でありますから、そこでの神と人間との愛の喜びに満ちた交わりが、結婚の喜びにたとえられています。しかしここではたとえではなく、カナでの実際の婚礼に主イエスも実際に同席して、人間の喜びが尽き、結婚式という喜びの営みが危機に陥り、焦りと絶望の中に投げ込まれているときに、その人間の一つ一つの欠乏、必要に心をとめ、尽きてしまう人間的な喜びを補い、取り戻してくださる。そのように主イエスは人類全体の救いのために自分の命を捧げることを自分の使命と捉えそのために来たのだ。そしてイエスをそのように突き動かす原動力、それこそ神の意志であり、神の愛と命の力なのだと言うことをこの奇跡の事実を通して私たちに示しているのです。

(説教全文はこちらをごらんください)
 お知らせ ★新型コロナ感染拡大のため、1月23日より礼拝を中止いたします。日曜日の朝に説教を配信いたします。それぞれの場で祈りの時をもちましょう。再開の時期はあらためてお知らせいたします。また、2月6日に予定しておりました教会総会も延期とさせていただきます。new
★今週の説教を掲載いたしました。こちらからごらんください。new
★大宮陸孝牧師のメッセージ「私の心の故郷」を掲載いたしました。こちらをごらんください。
★「黙想と祈りの集い準備会・京都」よりお知らせが届いております。「1月23日の黙想と祈りの集いは、コロナ感染拡大状況を鑑みお休みとさせていただきます。黙想と祈りの集い準備会・京都」new
★毎月第1主日の礼拝で聖餐式を行います。包装したパンとブドウ液を用います。持ち帰り用の入れ物をご用意くださり、配られたパンとブドウ液は持ち帰ってご自宅でいただいてください。
★賀茂川教会献堂は1954(昭和29)年12月4日。1952(昭和27)年のB・ハドル宣教師が自宅の畳の間で伝道集会を開始した時から数えれば今年で68年を迎えました。主イエスと共に前へ、新たに69年目の歩みを始めましょう。
教会
だより

バック
ナンバーは
こちら
★1月16日new
美しい青空の主日、わたしたちに喜びを取り戻させてくださる主を仰ぎつつ、降誕後第2主日の礼拝の恵みをいただきました。オミクロン株の感染が急拡大する中、感染予防のため讃美歌は歌わず、オルガンの演奏と共に歌詞を目で追って味わいました。
★1月9日
冷え込んだ主日、わたしたちに聖霊を注ぎ「あなたはわたしの愛する子」と祝福のことばをくださる主を仰ぎつつ、主の洗礼主日の礼拝の恵みをいただきました。礼拝の後はクリスマスの片づけをしました。
★1月2日
明るい太陽が射しこんだ主日、新しい恵みと愛を注いでくださる主を仰ぎつつ、主の顕現主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。久しぶりの友も共に神さまを賛美して、2022年を始めることができましたことを感謝いたします。
★12月26日
雪がちらついた主日、わたしたちと共にこの地上で人生をあゆんでくださる主を仰ぎつつ、はじめて来られた方も共に、降誕後第1主日の礼拝の恵みをいただきました。2021年も神さまがお守りくださったことを感謝いたします。
★12月24日
小雨の夜、わたしたちのところに来てくださった主を仰ぎつつ、クリスマスイブキャンドル礼拝の恵みをいただきました。ひとりひとりキャンドルの灯りを手に持ち、喜びのうちに声を合わせてキャロルを歌いました。
 
 
★12月19日
冷え込む中に明るい日差しが差し込んだ主日、わたしたちのところに来てくださった救いの主を仰ぎつつ、降誕主日の恵みをいただきました。礼拝の中で洗礼式が行われ、共に神さまの招きを感謝し、祝福をお祈りしました。
★12月12日
青空が広がった主日、神さまのもとに立ち返るよう招いてくださる主を仰ぎつつ、待降節第3主日の礼拝の恵みをいただきました。洗礼をひかえておられる友と、のぞみ保育園のクリスマスページェントをおぼえて、共に祈りをささげました。
★12月5日
朝の雨に空気がうるおされた主日、歴史の中で大きな救いのみわざを行ってくださった主を仰ぎつつ、待降節第2主日の聖餐礼拝の恵みをいただきました。2本目の2本のろうそくに火をともし、共にクリスマスを待つ恵みを感謝いたします。
★11月28日
冷え込んだ主日、暗闇の中に明るい希望の光を注いでくださる主を仰ぎつつ、待降節第1主日の礼拝の恵みをいただきました。礼拝の中で子ども祝 福式が行われました。子どもたちが神さまの愛に包まれてのびのびと成長してゆきますように。礼拝の後で、クリスマスの飾りつけをしました。
 

この紋章には「バラの上に置かれたキリスト教徒の心臓は、十字架の真下にあるとき脈打つ」という題字が記されています。黒い十字架がついた赤いハートは死んでよみがえったキリストへの信仰、そのまわりの白いバラはこの世を超えた喜び、慰め、平和を、空色の地は天の喜びの始まりを表し、それらを囲む金色の輪は、永遠にして高貴な救いを与えられていることを象徴しています。


 


 



 2022年
賀茂川教会主題聖句
 「心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。また、隣人を自分のように愛しなさい。(ルカによる福音書10章27節)

 初めての方へ
賀茂川教会Q&A!

【見解】「障がいをもつ人に対する『ルターの差別発言』に関する日本福音ルーテル教会西教区の見解」2019.7.14

【見解】「検察庁法改正案に抗議します」日本福音ルーテル教会社会委員会 2020.5.14

【日本・在日教会共同声明】
「私たちは日本の歴史責任を直視し、 韓国のキリスト者・市民社会と建設的対話を続ける」2019.8.15

【見解】国家安全保障関連法案の成立と憲法改定について 日本福音ルーテル教会 2015.9.19



賀茂川教会の建物は2020年11月「京都を彩る建物や庭園」の認定を受けました。

 
キリスト教放送局FEBC
365日24時間、福音のメッセージ放送中。



ルーテル世界連盟と
カトリック教会との
共同声明

information


日本福音ルーテル賀茂川教会


〒603‐8132
京都市北区小山下内河原町14

TEL.075‐491‐1402


→アクセス


2021年9月18日
タイトルロゴデザインを変更しました。


2012年10月14日
サイトデザインを変更しました。


2011年4月
以下のアドレスに引っ越しました。
http://www.jelc-kamogawa.com/


2006年4月16日
ホームページを開設しました。